バドミントンの男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗ら東京五輪で活躍を期待される日本のトップ選手が1日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターでの合宿を公開し、リオデジャネイロ五輪女子シングルス銅メダリストの奥原希望は「自分の道を突き進んでいきたい」と抱負を述べた。今年のテーマを「貫く」と表現した。

 早朝にそろって近くの神社を初詣。男子ダブルスで世界3位の嘉村健士は「いい年になるように頑張りたい」、パートナーの園田啓悟は「自分たちのベストパフォーマンスを出せるようにしたい」と語り、今年初戦のマレーシア・マスターズ(7日開幕)を見据えた。