【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズのブルックス監督は12月31日、けがで戦列を離れている八村塁について「数週間欠場し、再び検査を受ける予定」と話した。本拠地ワシントンでの練習後に語った。

 八村は16日の試合で鼠径部を負傷してから7試合連続で欠場。全体練習にも参加せず、復帰のめどが立っていない。シェパード・ゼネラルマネジャー(GM)とともに面会したブルックス監督は「落ち込んでいる様子はなかった」と話した。

 開幕から25試合連続で先発出場した八村は1試合平均13・9得点、5・8リバウンドをマークし、主力としてプレーしていた。