【ニューヨーク共同】週明け9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅に続伸し、午前10時現在は前週末比37・54ドル高の2万6835・00ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は12・93ポイント高の8116・00。

 ドイツの7月の輸出が市場予想を上回ったため、世界経済の先行きに対する懸念がやや後退した。ただ、ダウ平均が前週末まで3日続伸したこともあり、当面の利益を確定させるための売りが上値を抑えた。