日本ゴルフ協会(JGA)は9日、東京都内で五輪競技対策本部の強化委員会を開き、AIG全英女子オープンで日本勢42年ぶりのメジャー優勝を遂げた渋野日向子について、日本オリンピック委員会(JOC)が認定する強化指定選手と同様の待遇でサポートすることを決めた。

 ゴルフの強化指定選手はシーズン後の世界ランキングを基準に男女各8人を認定。国立スポーツ科学センターなどを利用でき、メディカルチェックなどの支援を受けられる。昨季まで実績が乏しかった渋野は、躍進で世界ランクが日本女子2番手に急浮上した。