アイヌ民族や学者らでつくる市民団体「アイヌ政策検討市民会議」は9日、アイヌの男性が北海道紋別市の川で、サケ漁は認められた先住民族の権利だとして、道が規則で定める許可申請をせずに儀式のためサケを捕獲し、道警の取り調べを受けたことを巡り、道知事に規則を改正するよう意見書を提出した。

 提出後に記者会見した丸山博代表は「先住民族であるアイヌの同意を得ないまま漁を禁じる法律を作って押しつけており、明治時代の植民地政策から続く負のレガシーだ」と話した。

 意見書では、先住民族の権利は国際人権規約や人種差別撤廃条約などで保障され、漁も文化享有権と認められていると指摘。