サーフィンのワールドゲームズ(WG)第3日は9日、宮崎市の木崎浜海岸で女子が行われ、17歳の松田詩野がアジア最上位となることが決まり、条件付きで東京五輪の出場権を獲得した。

 東京五輪の国枠は「2」。出場要件は優先度の高い順に(1)プロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)で各国3番手以下を除く上位8選手(2)来年のWGで、既に(1)の要件を満たした選手を除く上位6選手(3)今大会でアジア、欧州、アフリカ、オセアニアの各最上位―で、松田は来年大会で(2)の要件を別の日本勢が2人以上クリアしなければ五輪代表に決まる。