ソフトバンクは9日、スマートフォンなど携帯電話端末を48カ月の分割払いで購入し、後に下取りに出すなどすれば最大半額近くの支払いを免除する端末販売策を発表した。10月に施行される改正電気通信事業法で回線契約とのセット販売が禁止されるのに合わせ、回線契約がない人でも購入できるようにした。

 販売策は「半額サポート+(プラス)」で13日から提供する。ソフトバンクが指定する機種を48回払いで購入し、25カ月目以降に下取りに出して新機種に買い替えることで、残債を免除する。プログラム利用料として24カ月間は月額390円かかるため、従来プランより約9千円の負担増となる。