ヤクルトは9日、館山昌平投手(38)と畠山和洋内野手(36)の今季限りでの現役引退を発表した。13日に東京都内で記者会見を行う。

 館山は神奈川・日大藤沢高から日大を経て2003年にドラフト3位で入団。ヤクルト一筋で先発陣を支え、09年には16勝を挙げて最多勝を獲得した。中日の松坂大輔投手と同世代で右肘靱帯の再建手術を3度も受けるなど故障と闘い続けた。通算成績は278試合に登板して85勝68敗10セーブ、防御率3・32。

 畠山は01年に岩手・専大北上高からドラフト5位で入団。15年には105打点でタイトルを獲得し、リーグ優勝に貢献した。