【平壌共同】北朝鮮は9日、建国71周年の記念日を迎えた。首都平壌では、市民らが朝から「万寿台の丘」を訪れ故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花。祝賀の舞踏会も開催された。

 万寿台の丘には北朝鮮の李容浩外相も上下黒の装いで訪れ、献花した。市民らの多くは団体で訪れ、銅像の前に整列し一斉に深々と一礼した。軍人らのグループは銅像に向かって敬礼した。

 金日成氏、金正日氏の肖像が掲げられた平壌体育館の前では、大勢の若者らがチマ・チョゴリや赤いネクタイを着け、音楽に合わせて舞踏を披露した。外国人観光客らも見物に訪れ、踊りの輪に加わる姿も見られた。