【ロンドン共同】英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の操縦士でつくる労働組合は9日、会社側との賃上げ交渉が難航し、2日間のストライキに入った。英メディアが報じた。

 BAは羽田や成田、関空を含む世界各地の空港に就航しており、ストは最大で約30万人の旅客に影響する見通し。BAの操縦士によるストは初めてという。

 BAは、他の航空会社に代替機の協力を求めるほか、航空券代金の払い戻しや別の日の便への振り替えなどに対応するとしている。

 会社側は3年間で11・5%の賃上げを提示していたが、労組側は業績に見合っていないとして折り合わなかった。