【パリ共同】フランスのルドリアン外相は8日、英議会が欧州連合(EU)離脱を3カ月再延期する法案を可決したことに関し、離脱に関する英国の方針が分からず「(離脱延期への答えは)現状ではノンだ」と述べ、今後の道筋を示すよう求めた。民放ラジオなどのインタビューに答えた。

 離脱延期には全加盟国の同意が必要。フランスは離脱が際限なく延期されてEUの運営に混乱が続くことを嫌い、10月末からの再延期には総選挙や再度の国民投票の実施などが必要だとの考え。

 ルドリアン氏は「英国の議会や当局は道筋を示す必要がある」と訴えた。