茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、県警は8日、急な車線変更や減速で無理やり車を停止させたとして、強要容疑で住所不定の会社役員宮崎文夫容疑者(43)=傷害容疑で逮捕=を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 刑法では、強要罪は3年以下の懲役。2年以下の懲役で罰金刑もある暴行罪より重い。捜査関係者によると、県警は当初、暴行容疑を視野に入れていたが、危険なあおり運転を暴行と認定した上で、車を止めさせたことが強要容疑に当たると判断した。あおり運転を強要容疑で立件したのは全国初とみられる。