【ニューヨーク共同】ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に向けた強化試合が7日、バンクーバーで行われ、世界ランキング14位の米国が同21位のカナダを20―15で下した。W杯に出場する全20チームの大会前のテストマッチが終了し、20日のW杯開幕に向けて今後、出場チームの日本入りが本格化する。

 1次リーグC組の米国はイングランド、フランス、アルゼンチン、トンガ、B組のカナダはイタリア、ニュージーランド、南アフリカ、ナミビアと対戦する。

 開幕戦はA組の日本がロシアと対戦する。