【モスクワ共同】ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦で日本と対戦するロシアが7日、モスクワでアイルランドのプロチーム、コナートと大会前最後の強化試合を行い、14―42で敗れた。ロシアは8月のイタリア戦、イングランド2部のチームとの試合に続き3連敗。

 ロシアのジョーンズ監督は「われわれは正しい方向に向かっており、コナートには日本よりも多くの強い面があった。多くのプラスもあり、守備はこれまでの10倍良かった」と評価した。

 ロシアは9日に出国し、20日に東京・味の素スタジアムで日本と対戦する。