天皇、皇后両陛下は8日午前、秋田県立武道館(秋田市)で第39回全国豊かな海づくり大会の式典に出席された。上皇さまから受け継いだ重要な公務の一つで、天皇陛下は「海の恵みと美しさを次世代に引き継いでいくことは、私たちに課せられた大切な使命であると考えます」とあいさつした。

 海づくり大会は、水産資源の保護や漁業振興を目的に1981年に第1回が開かれ、皇太子夫妻時代の上皇ご夫妻が出席。魚類を研究する上皇さまにとって思い入れの強い公務で、在位中はご夫妻で毎年足を運んだ。上皇さまの在位中、式典でのお言葉は、負担軽減で2009年から取りやめていたが、今回から復活した。