【ワシントン共同】トランプ米大統領は7日、アフガニスタン和平交渉を巡り、反政府武装勢力タリバンの指導者らと8日にワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドで極秘に会談する予定だったが、取りやめたとツイッターで明らかにした。アフガンの首都カブールで5日、米兵1人を含む12人が死亡する自爆テロが起きたことを理由とした。

 トランプ氏は、タリバン代表者とアフガンのガニ大統領が7日夜に訪米し、それぞれ個別にトランプ氏と「ひそかに会談する予定だった」と説明。自爆テロを受けて即座に会談と和平交渉を中止したとしている。