ヤクルトの小川淳司監督(62)は8日、成績不振の責任を取って今季限りで退任する意向を明らかにし、球団側も了承する姿勢を示した。セ・リーグ最下位に沈むチームに「束ねていた自分の力不足もある」と話した。今季が2年契約の最終年だった。また、宮本慎也ヘッドコーチ(48)も球団に退団の意向を伝え、了承された。

 衣笠剛球団社長は「監督の思いは強い」と話し、根岸孝成オーナーに確認の上で退任を受け入れる考えを示した。次期監督については「今季の全日程が終わってから口にする」と話すにとどめたが、高津臣吾2軍監督らが候補に挙がるとみられる。