8日午前4時20分ごろ、兵庫県猪名川町の住宅で「娘が切られた」と父親(44)から119番があった。県警川西署によると、小学2年の岩村樹里さん(7)が血を流し倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した。自身も腹から血を流して搬送された母親(43)が「自分が刺した」とほのめかしており、同署は回復を待ち事情を聴く方針。

 川西署によると、岩村さんは首付近を切られたとみられ、室内から血の付いた包丁が見つかった。外部から何者かが侵入した形跡はないという。