【ニューヨーク共同】テニスの四大大会最終戦、全米オープン第13日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス決勝で19歳のビアンカ・アンドレースク(カナダ)が37歳のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6―3、7―5で破り、四大大会初優勝を果たした。

 本戦に初出場した第15シードのアンドレースクはカナダ勢で男女を通じて四大大会のシングルス初制覇となり、優勝賞金385万ドル(約4億1200万円)を獲得した。

 過去6度優勝を誇る第8シードのS・ウィリアムズは大坂なおみに敗れた昨年に続いて準優勝に終わった。