阪神のヤンハービス・ソラーテ内野手(32)の退団が確実となったことが7日、分かった。1軍再昇格が予定された6日の広島戦(マツダスタジアム)前に「モチベーションが上がらない」との理由で球場を離れ、関西に戻った。谷本修球団本部長は事態の異常さを指摘。報道陣から契約解除かと問われ、「方向性としてはそう」と答えた。

 谷本本部長は、職場放棄のような言動への責任について「重い。こんなことを許したらチームが成り立たない」とした上で、「阪神のユニホーム(を着ること)はないんじゃないですか」と語った。ソラーテは2軍の練習などにも参加せず、自宅待機しているという。