大相撲秋場所は8日に東京・両国国技館で初日を迎える。関脇貴景勝が1場所での大関復帰を決められるかどうかに注目が集まり、優勝争いは鶴竜、白鵬の両横綱を中心とした展開が予想される。

 7日は国技館で土俵祭りが実施され、日本相撲協会の八角理事長や三役以上の力士らが15日間の安全を祈願した。右膝負傷で2場所連続休場した貴景勝は10勝が返り咲きの条件で「(出場できるまで)長かった。いいスタートを切れればいい。やることをピックアップしてやるだけだ」と静かに闘志を燃やした。

 鶴竜は2場所連続7度目の優勝を目指す。「しっかり自信を持ってやりたい」と前向きだった。