日本体操協会は7日までに個人総合の来春のワールドカップ(W杯)シリーズ男子代表選考会を兼ねたスーパーファイナル(11月8日・高崎アリーナ)の出場選手を発表し、五輪2連覇の内村航平(リンガーハット)の推薦出場は見送られた。W杯シリーズの結果次第では最短ルートで東京五輪代表に決まる可能性があった。

 スーパーファイナルはNHK杯の上位選手と強化本部長の推薦選手で争われる。両肩痛のために全日本選手権で予選落ちした内村は8月の全日本シニア選手権で高得点を出せば推薦を受けることができたが、6種目合計83・900点で5位に終わった。