阪神が序盤に得点を重ね、逃げ切った。一回に福留の適時二塁打で先制し、二回は木浪が適時打。三回は高山の3点本塁打と近本の2点打で加点した。西は要所で粘り、8回3失点で7勝目。広島は薮田が球威を欠き、早々に崩れた。