フジサンケイ・クラシック第3日(7日・山梨県富士桜CC=7566ヤード、パー71)崔虎星(韓国)とチャン・キム(米国)がともに70で回り、通算13アンダーの200で首位をキープした。朴相賢(韓国)とガン・チャルングン(タイ)が4打差の3位。

 アンジェロ・キュー(フィリピン)が通算7アンダーの5位で続き、香妻陣一朗と岩田寛、今平周吾が6アンダーの6位に並んだ。今季2勝の石川遼は4アンダーの12位。(出場68選手、晴れ、気温27・6度、南東の風2・8メートル、観衆2993人)