山口県で行方不明の2歳男児を助け出すなど「スーパーボランティア」として知られる大分県日出町の尾畠春夫さん(79)が7日、記録的な大雨により大規模な浸水被害が出た佐賀県武雄市で、家屋の復旧を支援した。

 尾畠さんは、地震などの被災各地で支援活動を続けてきたことが評価され「令和元年防災功労者防災担当大臣表彰」の受賞者に選ばれている。14日まで佐賀で活動する。

 7日は午前10時ごろから、床上まで浸水した築130年超の民家で、泥で汚れた玄関の格子戸を拭いたり、排水溝にたまった枝を取り除いたりした。