上皇后美智子さま(84)は7日、乳がんの手術を受けるため、東大病院(東京都文京区)に入院された。8日に摘出手術を受け、数日で退院する見通し。手術前の検査では、がんは4段階で最も進行していない「ステージ1」で、転移はない。

 午前10時すぎ、車で病院に到着した美智子さまは、出迎えた病院長らに一礼すると、ゆったりとした足取りで建物に入っていった。

 宮内庁によると、静岡県立静岡がんセンターと東大病院の医師らによる執刀で、全身麻酔をし、乳房を残す温存手術を行う。組織を詳しく調べ、その後の治療方法を決める。