昨年9月6日の北海道地震で最大震度7を観測し、土砂崩れなどで37人が犠牲になった厚真町で7日、発生から1年となったことを受け町主催の追悼式を開催、遺族や町民が犠牲者を悼んで黙とうをささげた。

 追悼式には宮坂尚市朗町長や鈴木直道知事が出席。冒頭で宮坂町長が式辞を述べ、遺族の代表があいさつ。

 参列した幅田悦子さん(81)は吉野地区で犠牲になった三上昭人さん=当時(54)=と娘が同級生だった。「息子同然だった。言葉がありません。何も言わなくても厚真のことを見守ってくれると思う」と話した。