【ロンドン共同】欧州連合(EU)離脱問題を巡り、英国の主要野党は6日、離脱期日となっている10月末の「合意なき離脱」が確実に回避される状況となるまで、ジョンソン首相の提案する10月15日の前倒し総選挙に同意しないことで一致した。これにより、首相陣営が起死回生を狙う選挙の実施は困難な状況となった。BBC放送などが伝えた。

 強硬派政権が選択肢とする「合意なし」を封じるための離脱延期法は6日までに議会を通過し、9日に成立する見込み。EUと離脱条件で合意できるめども立たず、公約に掲げる10月末の離脱実現に向け、ジョンソン氏は崖っぷちに追い込まれた。