【釜山共同】12の国・地域で争う野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)第8日は6日、韓国・釜山郊外の機張で2次リーグが行われ、1次リーグB組1位の高校日本代表は同A組1位の韓国に延長十回タイブレークの末、4―5で逆転サヨナラ負けした。1次リーグの成績を持ち越すため2勝2敗となり、韓国も2勝2敗。

 日本は佐々木(岩手・大船渡)が先発で今大会初登板し、1回無失点で降板。七回に2点を先行したが、八回に同点とされた。延長十回から無死一、二塁で開始するタイブレークに突入。十回は武岡(青森・八戸学院光星)が2点二塁打を放ったが、その裏に3点を奪われた。