広島が序盤に主導権を握った。二回に会沢のソロ本塁打で先制し、三回は菊池涼と鈴木の連続適時打、会沢の2点打などで計5得点。7回3失点と粘った九里が8勝目で、フランスアは2桁セーブ到達。阪神は高橋遥が踏ん張れなかった。