【北京共同】AP通信などによると、ドイツのメルケル首相は6日、北京を訪れ、中国の李克強首相と会談した。会談後の共同記者発表で、抗議活動が続く香港情勢について「香港住民の権利と自由は守られなければならない」と強調した。

 同時に「暴力ではなく、政治的な対話が解決に向けた道だ」と述べ、抗議活動の参加者に対話を呼び掛けた。一方、李氏はメルケル氏との会談で「中国は法の枠組みの中で香港の無秩序状態を終わらせる」と表明した。

 両氏は経済協力についても議論した。中国政府によると、ドイツにとって中国は3年連続で最大の貿易相手国となっている。