東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=が両親から虐待され死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親優里被告(27)の裁判員裁判は6日午後も東京地裁で被告人質問が続いた。被告は「どんな刑でも償いきれない。船戸優里を一番恨み、一番許さないと思っているのは私だ」と泣きながら述べた。

 公判では、男性の裁判員が、父親雄大被告(34)=同罪などで起訴=の結愛ちゃんへの暴行を「一度でも体を張って止めたか」と尋ね、優里被告は「体を張ったことはない」と答えた。

 精神科医も出廷。優里被告は雄大被告のDVで精神的に支配されていたと証言した。