JR西日本広島支社は6日、西日本豪雨の影響で運休が続く芸備線中三田―狩留家間の運転を10月23日に再開すると発表した。昨年7月の西日本豪雨で被災した路線が全て復旧する。

 芸備線は豪雨の影響により95カ所で土砂流入などの被害を受け、広島市安佐北区にある白木山―狩留家間の三篠川に架かる橋が流された。

 同社によると、現在進行中の橋桁の設置工事が9月末に完了見込みで、その後レールや信号ケーブルを設置し、試運転を経て再開を目指す。現在、朝と夕方以降に運行している三次―中三田間も含め、運行本数は被災前に戻す。

 運転再開日には、同社と沿線自治体がセレモニーを開く。