茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された大阪市の会社役員宮崎文夫容疑者(43)が、同県を訪れた理由について「インターネットで紹介されていた中古車販売店へ車を見に行った」との趣旨の供述をしていることが6日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は急な車線変更や減速を繰り返し、被害者の男性の車を無理やり停止させたとして、勾留期限の8日にも、強要容疑で宮崎容疑者を再逮捕する方針。一連の経緯を詳しく調べる。

 捜査関係者によると、宮崎容疑者は8月9日に茨城県那珂市の中古車販売店を訪れ車を購入する仮契約を結んだ。