山形県警は6日、1983年に行方不明となり、北朝鮮による拉致の可能性が排除できないとされた山形県出身の斎藤武さん=当時(38)=が、2018年4月、国内で遺体で見つかったと発表した。拉致の可能性や事件性はないとしている。

 拉致問題に取り組む民間団体「特定失踪者問題調査会」も特定失踪者に認定していた。

 警察庁のホームページによると、斎藤さんは83年10月、横浜市の会社を退職後、行方不明になった。

 また、警視庁も同日、90年に行方不明になり、北朝鮮に拉致された可能性が排除できないとされた60代の女性が国内で生存しているのを今年6月に発見したと明らかにした。