NHKは6日、2020年春から放送の連続テレビ小説「エール」の主な出演者を発表した。窪田正孝さん演じる主人公の父親役に唐沢寿明さん、母親役に菊池桃子さん、伯父役に風間杜夫さんが決まった。

 「エール」は、高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」などで知られる福島県出身の作曲家古関裕而さんと、妻で歌手でもあった金子さん(二階堂ふみさん)がモデルの物語。激動の昭和という時代の福島を主な舞台に、音楽で人々を励ました夫婦の波乱の人生を描く。

 朝ドラ初出演の菊池さんは「オリンピックイヤーに、声援や応援を意味する『エール』に参加できて大変幸せ」とコメントした。