鹿児島県出水市の大塚璃愛来ちゃん(4)が死亡した虐待事件を受け、根本匠厚生労働相は6日、閣議後の記者会見で、全国の児童相談所が対応するネグレクト(育児放棄)事案の緊急点検を実施すると明らかにした。

 事件を巡っては、県中央児相(鹿児島市)が4月、母親のネグレクトを認定、継続指導が必要と判断していた。

 厚労省職員による現地の関係機関からの聞き取りを踏まえ、根本氏は璃愛来ちゃんが夜間に頻繁に外出していたことや、転居していたことなどに触れ「リスクが高まる兆候があったにもかかわらず、適切なアセスメントが行われていなかった」と指摘した。