非常に強い台風13号は6日、東シナ海を北上した。南西諸島や西日本、東日本の太平洋側は湿った空気が流れ込み7日にかけて局地的に雷を伴った大雨になる恐れがある。台風15号も8日から9日にかけて列島に接近する見通し。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高潮に警戒するよう呼び掛けている。

 6日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄25m(35m)、九州北部20m(30m)。

 台風13号は6日午前6時現在、久米島の北西約190キロを時速約20キロで北に進んだ。中心の気圧は940hp、中心付近の最大風速は45m、最大瞬間風速は65m。