【ワシントン共同】米財務省は5日、英領ジブラルタル当局に拿捕され、解放されたイランの石油タンカーに燃料を補給した者を、独自の制裁対象に指定すると明らかにした。米国はこのタンカーがシリアに原油を運ぶと見て、阻止するために圧力を強めている。

 財務省は、燃料補給に関連する支払いを行った場合でも、制裁対象とすると強調した。

 米国は、このタンカーがイランの革命防衛隊と関係していると主張し、各国に寄港させないよう要求。米国の裁判所が差し押さえ令状を出している。

 タンカーはシリアなど制裁対象国に向かわないことを条件に8月15日に解放された。