【ニューヨーク共同】北朝鮮は、国連機関が同国に派遣している職員を年末までに削減するよう求める書簡を国連に送付した。国連のドゥジャリク事務総長報道官が5日の定例会見で明らかにした。ロイター通信によると書簡は「敵対勢力が国連支援を政治化しているため、支援事業は期待通りの結果を出せていない」と指摘している。

 北朝鮮の真意は不明だが、安全保障理事会の制裁により国連の人道支援が十分に機能していないとの北朝鮮側の従来の不満が背景にありそうだ。

 書簡は8月21日付で、北朝鮮に常駐する国連開発計画や世界保健機関、国連児童基金などの職員を削減するよう要求した。