京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで35人が死亡した放火殺人事件で、重いやけどで大阪府内の病院に入院中の青葉真司容疑者(41)が、ほぼ命に別条がない状態になり、快方へ向かっていることが5日、関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、青葉容疑者は依然として集中治療室(ICU)に入っており、逮捕できる状態に回復するには数カ月かかる見通し。京都府警は、殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕状を取得している。