東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=が両親から虐待され死亡したとされる事件の裁判員裁判が5日、東京地裁であり、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親優里被告(27)は弁護側の質問に「夫の命令は絶対で、背くと結愛に被害が及ぶので、ロボットのように言うことを聞くのに必死だった」と話した。

 「加害者であると同時に被害者の母親という立場だった。結愛にごめんなさいと謝り続けるしかない」と涙声で語った。

 弁護側は夫の雄大被告(34)=同罪などで起訴=から心理的に支配されていたと主張。優里被告は「誰かに助けを求めるという考えは浮かばなかった」と振り返った。