宝塚歌劇団の元星組トップスター北翔海莉さんの私設ファンクラブを運営し、所得税約4781万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われた北翔さんの母で会社役員の吉野博子被告(67)に千葉地裁は5日、懲役10月、執行猶予3年、罰金1千万円(求刑懲役10月、罰金1500万円)の判決を言い渡した。

 判決理由で佐藤哲郎裁判官は「ファンクラブ運営を一手に管理し、利益が生じていたことを認識しており、厳しい非難は免れない」と指摘。一方で「既に税の納付を済ませ、反省している」と、執行猶予を付けた。