茨城県八千代町の住宅で大里功さん(76)が殺害され、妻裕子さん(73)が重傷を負った事件で、大里さん宅から指紋のように足の裏にある「足紋」の一部が複数見つかり、裕子さんへの殺人未遂容疑で逮捕されたベトナム国籍の農業実習生グエン・ディン・ハイ容疑者(21)のものと一致していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警下妻署捜査本部は、ハイ容疑者が靴を脱いで家に入り、裕子さんを襲ったとみて捜査。大里さん殺害についても事情を知っているとみて調べる。

 ハイ容疑者は「現場には行っていないし、やっていない」と容疑を否認している。