立ち上る黒煙の中、赤い先頭車両が線路上で大きく傾いていた―。5日午前、横浜市神奈川区で起きた京浜急行の列車と車の衝突事故。多数のけが人が出たとの情報があり、複数の救急車と消防車が駆けつけた現場は騒然とした。

 線路脇の鉄柱には、大きく折れ曲がったものも。車の積み荷だったのか、黄色い果物が広範囲に多数散乱していた。

 消防隊員や京急の作業員が線路内に入り、救助作業に当たっていた。

 線路近くの事務所で働く50代男性は「大きな音が聞こえ外に出ると、線路際にみかんが散らばっていた。3両目ぐらいから、乗客が脱出していた」と話した。