5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京浜急行の神奈川新町―仲木戸間の踏切で、下り快特電車(8両編成)とトラックが衝突した。複数の車両が脱線し、トラックは炎上。神奈川県警によると、乗客ら32人がけがをした。このうちトラック運転手の男性(67)は電車の下敷きになった可能性があり、病院に運ばれたが重体。県警は、踏切内で立ち往生したトラックに、電車が衝突した可能性があるとみて調べている。

 近くの商店で働く40代の男性は、遮断機の下りた踏切にトラックが進入するのを目撃した。電車は1両目と2両目あたりが脱線し、救急隊員らが救出作業に当たっていたという。