農林水産省は5日、豚コレラの防疫対策本部を開いた。ウイルスを媒介する野生イノシシの捕獲強化などに重点を置く対策をまとめる。わなの設置拡大などでイノシシを減らし、さらなる感染拡大防止を目指す。

 吉川貴盛農相は対策本部で「発生の長期化で生産者が大変な不安と闘っていることを痛感している」と語り、「対策は農水省の総力を挙げて取り組む」と強調した。

 農場で飼育する豚へのワクチン接種は、地域を限って実施するかどうかを慎重に検討している。接種した豚の肉が風評被害を受けて販売が難しくなる懸念があるが、養豚業者らに実施を求める声がある。