菅義偉官房長官は5日の記者会見で、ロシアのプーチン大統領が安倍晋三首相との会談直前に、北方領土・色丹島の水産加工工場の稼働式典にビデオ中継で参加したことに関し「ロシア側に申し入れを行うことも含めて適切に対応する」と述べた。政府は平和条約締結交渉を進めるプーチン氏の基本姿勢に変わりはないとみて、首脳間交渉を継続する方針だ。

 菅氏は会見で「両首脳は昨年11月のシンガポールでの首脳会談で領土問題を次の世代に先送りすることなく自らの手で必ず終止符を打つという強い意思を共有している」と指摘した。