【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、中国の王毅国務委員兼外相が4日、李洙ヨン朝鮮労働党副委員長と会談後、帰国したと報じた。金正恩党委員長との会談は伝えておらず、金氏とは会えなかったとみられる。

 非核化を巡る米朝交渉が膠着する中、金氏は自ら立場を明らかにするのを避けた可能性があり、米朝実務協議の再開は依然見通せない。中国外務省は今回の王氏訪朝について、朝鮮半島の完全非核化に向けて「中国として建設的な役割を果たす」としていた。

 金氏は、王氏が昨年5月に訪朝した際は会談に応じ、「朝鮮半島の非核化実現は北朝鮮のゆるぎない立場だ」と語った。