【上海共同】バスケットボールの男子ワールドカップ(W杯)の1次リーグE組最終戦で世界ランキング48位の日本は5日、同1位で3連覇を狙う米国に挑戦する。2連敗で2次リーグ進出の可能性がなくなった日本は4日、上海の試合会場で調整し、八村(ウィザーズ)は「世界でトップの国と戦える。楽しみ」と胸を高鳴らせた。

 渡辺(グリズリーズ)にとっても米国戦はNBAのライバルとの対戦となる。それでも「相手にとらわれず、自分たちの最大の力を出すことが大事」と気負いなく語った。13年ぶりに出場した日本はトルコ、チェコに敗れて順位決定リーグに回ることが決まっている。